So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク




シャニダールの花 結末

シャニダールの花 結末も幻想的な感じですね。
夢か現実かはっきりしない終わり方は後に残るんですよね・・・。
選ばれた女性にだけ咲く花シャニダールの花は、花びらから画期的な新薬の開発へつながる成分が発見され、
高値で取引される。
製薬会社が作った「シャニダールの花」の成長をケアする特殊施設で働く
研究者の大瀧賢治が主人公です。
施設で働くセラピストの美月響子とともに新しい花の提供者の元に向うのですが、
提供者であるハルカは入居をかたくなに拒んでいた。
しかし、響子の不思議な魅力に心を開いていく。
そして入居を決めるのです。
大瀧とセラピストの響子は、シャニダールの花の成長に誘われるかのように、次第にひかれあっていくのですが・・・・
 胎響 綾野剛写真集/ItaruHirama

 胎響 綾野剛写真集/ItaruHirama
価格:2,625円(税込、送料込)


花を採取する際に提供者の女性が死亡する事件が連続して発生していることに、
大瀧は研究所に不信感を抱き始める・・・・。
しかし、響子は危険な花とは知りつつもその魅力にひかれていく・・・・。
お互い惹かれあっていたはずの二人ですが、歯車が狂っていくことに。


シャニダールの花 関連商品を探すなら>>
綾野剛 関連商品を探すなら>>
黒木華 関連商品を探すなら>>



スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。