So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク




つるかめ助産院 あらすじ ネタバレ

ドラマ つるかめ助産院 あらすじ ネタバレありでかいてます。
東京のサロンで美容師として働いていたが、結婚し専業主婦として新生活を始めた小野寺まりあ。
しかし1年後、夫の達也は突然姿を消した。
まりあは、達也が残した絵葉書にハート型をした南の島が写っているのを目にし、
達也がその島へ行きたいと語っていたことを思い出す。
達也を探しに島を訪れると、そこには島唯一の助産院で働く鶴田亀子がいた。
亀子もまた、少し前に東京からこの島へやってきた女性。
理想のお産とは程遠い都会の現実に嫌気がさし、気ままな一人旅に出て最初に訪れたこの島で、
助産師不足を知り島の助産師として新しいスタートをきっていたのだ。
そこで、まりあは自分が妊娠していることを知り、最初はとまどい産まないということも考えた。
しかし、次第に島の人たちや亀子とふれあうなかで、お腹の子をこの島で産むことを決意する。
【送料無料】つるかめ助産院 ...

【送料無料】つるかめ助産院 ...
価格:440円(税込、送料別)


そのうち、まりあが母親に捨てられた子で育ての母親にも捨てられたという過去をもっていることがわかる。
それによって母親になることに悩みを抱え、人との間に距離を置いたりしていたのだ。
その島に、出て行った夫がまりあを探しにやって来た。
しかし、まりあはまた捨てられるのではないかという思いなどから素直になれず、
会っても子供はあなたの子供じゃないからと嘘ついて別れを告げたり・・・
結局一度は夫の達也は島を出るのでした。

つるかめ助産院 関連商品を探すなら>>
仲里依紗 関連商品を探すなら>>




スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。