So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク




江口のりこ 戦争と一人の女

江口のりこ 戦争と一人の女の映画に出演していますが、
すごく生々しいというのかな・・・個性派女優として今まで見ていただけに、
こんなに艶っぽいのってびっくりしちゃった。
本当に体当たりで挑んでると言える作品です!
まさか映画化されるとは・・・って感じの作品なんで、R18指定なんですけどね。
原作では、江口のりこ演じる女は、元娼婦で飲み屋を営んでいたのですが、
お酒も手に入りにくくなり商売ができなくなってきて、
作家の野村と刹那的に同棲し始めるのです。
2人は貪るように体を重ねる日々。
戦争がすきだというどこか異常性もみえる女は、
体を重ねても感じないし、悦びもない感じないのですが、
喉の渇きを満たすかのように次々と気に入った男と体を重ねるような女。

【送料無料】戦争と一人の女 [ 坂口安吾 ]

【送料無料】戦争と一人の女 [ 坂口安吾 ]
価格:1,050円(税込、送料込)


戦争がそうさせたのか・・・この難しい役をよく演じていると思う。
今までのイメージからちょっと変わったかも。


戦争と一人の女 関連商品を探すなら>>
坂口安吾 関連商品を探すなら>>



スポンサーリンク


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。