So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク




アテルイ伝 あらすじ

アテルイ伝 あらすじについてかいています。
BS時代劇火怨・北の英雄アテルイ伝は、高橋克彦の「火怨北の耀星アテルイ」が原作となっています。
脚本は西岡琢也が担当。
舞台は奈良時代末期の東北。
蝦夷と呼ばれた一族が暮らしていました。
その一方、大和朝廷は日本全土を支配下に治めようと、武力での侵略を行っていた。
東北にもその手は伸び、胆沢の族長の息子・阿弖流為(アテルイ)は妹・阿佐斗を朝廷軍に連れ去られていた。
阿弖流為は、阿佐斗を奪還するべく、蝦夷出身ながらも今では朝廷側についている呰麻呂や
母礼とともに朝廷軍の拠点である多賀城を襲撃するのだった・・・・。
【送料無料】火怨(下) [ 高橋克彦 ]

【送料無料】火怨(下) [ 高橋克彦 ]
価格:860円(税込、送料別)


何とか奪還に成功したのですが・・・・侵略のショックから阿佐斗は記憶喪失となっていたのだ・・・・。

アテルイ伝は、今から1200年前、強大な朝廷軍を相手に、東北に生きる民の誇りを背負い立ち向かった
伝説的な英雄・アテルイの生涯を描いた作品です。

アテルイ伝 関連商品を探すなら>>
火怨 関連商品を探すなら>>



スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。