So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク




ノルウェイの森 あらすじ 結末

ノルウェイの森 あらすじ 結末についてかいています。
ドイツ行きの機内で「ノルウェイの森」を耳にしたワタナベは18年前に恋に落ちた直子のことを思い出す。
直子は親友キズキの恋人であったが、キズキはある日突然自殺をしてしまう。
ワタナベは誰も自分を知る者がいないところで生活を始めようと、神戸から逃げ出すように東京に出るのですが、
直子も東京の大学に入学しており再開することに。
精神的に不安定になっている直子は、ワタナベに電話し、頻繁に会うようになる。
そして、二人は直子の誕生日に体の関係をもつ。
しかし、直子は、幼なじみで恋人のキズキを失ったこと、
そして、キズキとのセックスが一度もうまくできなかったことを思い詰め、精神を崩し、療養所へ入所してしまいます。
ワタナベは直子に会いに行ったりするんですけど、
大学で緑という女性に出会います。
緑がいながらも直子のことばかり考えてしまうワタナベは、緑を傷つけながらも直子に会いに行く。
その後、直子は自殺します。
そしてワタナベは、緑に電話をします。
そして緑にどこにいるのときかれて、自分がどこにいるのかわからなくないました。


この結末がしめしていることはなんなのかそれはみている人によって違う気がする。



ノルウェイの森 関連商品を探すなら>>



スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。