So-net無料ブログ作成
スポンサーリンク




美男ですね 日本版 1話

日本版の美男ですねがスタートしましたが、1話のあらすじです。
韓国版とどの程度同じなのかな??
児童養護施設で育った桜庭美子(瀧本美織)は、修道院でシスターの修業をしていた。
そんなある日、美子のもとに、イケメンバンド「A.N.JELL」のマネージャー・馬淵(柳沢慎吾)が訪ねてきた。
馬淵によると、歌手を目指していた美子の双子の兄・美男(瀧本美織)が「A.N.JELL」の新メンバーに選ばれて、今日どうしても契約書を交わさなければいけないという。
しかし、事情があり事務所にこられないので、今日だけ美男の身代わりとなって契約書にサインしてほしいとたのまれる。

どうしてもとお願いされてしかたなく美男のふりをして事務所で契約書にサインをした美子。
しかし、「A.N.JELL」のメンバー・廉(玉森裕太)、柊(藤ヶ谷太輔)、勇気(八乙女光)が事務所でまっていて、
リーダーの廉が、歌声をきいて自分が納得できなければ契約を認めないといいだす。
美子は、みんなの前で讃美歌を歌い、
その天使のような歌声にみんなは美子のことを認めざるをえなくなる。
美子は、用事もすんで事務所を去ろうとするのだが、そこへまた馬淵が・・・
土下座して、このまま3カ月美男の身代わりになってほしいとたのむ。
なぜなら、美男は喧嘩に巻き込まれて鼻を骨折してしまい、治るまでに3カ月かかるのだという。
最初は拒絶していた美子だったが、兄の歌手になった理由をきかされて話をうけることにする。
生き別れた母が会いにきてくれるのではという兄の想いに心動かされたようです。
日本版 「美男ですね」の関連商品を探すなら>>
日本版「美男ですね」主題歌を探すなら>>
「美男ですね」関連商品を探すなら>>
美男ですねDVDを探すなら>>



スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。